冬の洗濯物が乾かない!?部屋干しで早く乾かすポイントを解説【部屋干しでOK】

冬の洗濯物干し 暮らし

おーむです。

冬の時期になると洗濯物が乾きにくくないですか?

太陽の出ている日中にベランダで外に干しても、夏とは違いなかなか乾きません。

洗濯物を取り込んだ際に確認してみると、まだ湿ってて乾ききっていないなんてことがよくあると思います。

冬の洗濯物が全然乾かない。

どうすれば早く乾くかな?

今回は、冬の洗濯物が乾きにくい理由と早く乾かすための方法とポイントを紹介します。

冬の洗濯物が乾きにくい理由は?

小さな雪だるま

冬の気候の特徴といえば、

  • 気温が低い
  • 湿度が高くなりやすい

冬は気温が低いということは当然ですが、実は湿度が高くなりやすいという点もあります。

湿度が高いと空気中に水分がたくさん含まれている状態なので、なかなか洗濯物が乾きません。

乾かないどころか逆に洗濯物がしっとり…なんてことも。

極端に寒い日なんかは、外に洗濯物を干さない方が良いです。

冬は部屋干しの方が早く乾く

天気の良い日はもちろん太陽の出ている間に外で干すと良いです。

ですが、それだけでは夏のように洗濯物が完全に乾ききらないことがよくあると思います。

冬の気候は、洗濯物を早く乾かすには不向きなので必然的に部屋干しが必要になってきます。

おーむ
おーむ

ぶっちゃけ、部屋干しだけでも十分に乾きます。

部屋干しで洗濯物を早く乾かすポイント

洗濯物を早く乾かすには、洗濯物が乾きにくい冬の気候とは真逆の条件が良いということです。

部屋干しで早く乾かすポイントを解説します。

部屋の温度を上げる

夏のような暑さに!という訳にはいきませんが、洗濯物が乾きやすくなるように室内温度を高くするようにしましょう。

冬は必然的にエアコンやストーブで部屋を温めると思いますのでそこまで意識しなくても自然と室内温度は高くなるのではないでしょうか。

部屋の湿度を下げる

洗濯物を早く乾かすにはカラッとした湿度の低い環境が必要です。

湿度が40%〜60%ぐらいになるように調整しましょう。

ちなみに湿度が高すぎるとカビが発生しやすく、逆に低すぎるとウィルスの動きが活発になるというリスクがあります。

湿度は低すぎても高すぎても良くないので注意しましょう。

また、以下のような衣類乾燥機能の付いている除湿機があると室内を最適な湿度を保ってくれて、洗濯物の乾燥までしてくれるので一石二鳥でおすすめです。

扇風機を使う

洗濯物に扇風機で風を当てることで空気が循環して早く乾くようになる他、洗濯物の生乾き臭を発生を防ぐ対策にもなります。


冬に扇風機って季節感がないなー。
それに扇風機も
片付けちゃったし、出してくるのが面倒。


という人にはサーキュレーターがおすすめです。

扇風機よりサイズが小さくて場所を取らず、片付けも楽なので洗濯物の乾燥役にピッタリです。

おーむ
おーむ

夏もエアコンのお供として部屋を涼しくするために活躍してくれます。

浴室乾燥機を使う

付いている家限定になりますが、浴室乾燥機を使うのもおすすめです。

季節にも天気にも左右されずに洗濯物を乾かすことができるので大変便利です。

梅雨の時期は特に重宝します。

冬の洗濯物を部屋干しで早く乾かすポイントのまとめ

冬の洗濯物を部屋干しで早く乾かす方法は以下の通りです。

  • 室内の温度を上げる
  • 室内の湿度を下げる
  • 扇風機(サーキュレーター)を使う
  • 浴室乾燥機を使う

夏と同じ感覚だと、洗濯物を外に干してもなかなか乾かなくて「いつになったら乾くんだ!!」とうんざりすると思います。

それでしぶしぶ部屋干ししててもなかなか乾かず、そして洗濯物から生乾き臭…。

そんな負のループから抜け出す為に上記の部屋干しで洗濯物を早く乾かすポイントを押さえて冬でもしっかり洗濯物を乾かしましょう。