まる聞こえ!?騒音に悩まないための壁が薄い賃貸の見分け方

口を押さえている女性 暮らし

おーむです。

賃貸暮らしなのですが住んでみて分かったことが1つあります。

それは・・・

壁が薄いっ!

今住んでいる所が初めての賃貸なので他と比較出来ないですが本当に薄すぎます。

会話は何を話しているか聞き取れるレベルでまる聞こえ。

たぶん壁越しに会話できるんじゃないかな?w

コンセントに挿したときの音やコロコロで掃除している音など色々聞こえてきます。

こんなにまる聞こえだと此方も気を遣うし居心地悪めです。

自分みたいに壁の薄い賃貸で後悔しないようにこれから新生活を始める方に音漏れのない賃貸を選ぶためのポイントを紹介します。

賃貸の造りによる遮音性の違い

賃貸の造りには下記の種類があります。

  • 木造
  • 鉄骨造(重量鉄骨、軽量鉄骨)
  • 鉄筋コンクリート造
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造

この中で遮音性が最も優れているのは鉄筋コンクリート造と鉄骨鉄筋コンクリート造になります。

木造と鉄骨造は残念ながら遮音性に優れていません。

鉄骨造の中でも重量鉄骨と軽量鉄骨がありますが遮音性は軽量鉄骨より重量鉄骨のほうが良いです。

遮音性についてまとめると下記のようになります。

遮音性
木造
鉄骨造(軽量鉄骨)
鉄骨造(重量鉄骨)
鉄筋コンクリート造
鉄骨鉄筋コンクリート造
おーむ
おーむ

僕の住んでいる壁の薄い賃貸は軽量鉄骨です。

どうりでまる聞こえな訳だ・・・。

賃貸の見学で確認するべきこと

契約する前に賃貸の見学をすることを強くおすすめします。

部屋の広さや間取りを実際に見て確認することももちろん大事ですが、この時に壁の薄さや音の響きなども確認しましょう。

壁をノックするように叩いてみて「コン、コン」と硬い詰まった感じの音なら安心ですが、「コーン、コーン」と軽い響くような音だと要注意です。

あと実際自分が賃貸の見学の時に気になっていた事ですが、話声が部屋全体に響く感じや拍手をするように手を叩いた音が響く感じがあれば超要注意です。

その結果壁が薄くまる聞こえでした。

おーむ
おーむ

ご参考までに・・・。

まとめ

  • 鉄筋コンクリート造、または鉄骨鉄筋コンクリート造の賃貸を選ぶ。
  • 賃貸を借りる前に必ず見学する。
  • 壁を叩いてみて硬さや音の感じを確認する。
  • 話し声や手を叩いた音が響くか確認する。

契約前にしっかり確認することで壁が薄い賃貸を回避することが出来ます。

これから賃貸を選ぶ方は僕の二の舞にならないように気を付けてください。

ですが賃貸の造りを選んで、壁もノックで確認して大丈夫だったとしてもやっぱり実際に入居して住んでみないと分からない部分があると思います。

隣人の方とトラブルなく過ごせるように自分にあった賃貸を選びましょう。