【SQL】テーブルの作成・変更・削除について解説

この記事では、データベースの基本的な操作であるテーブルの作成・変更・削除のSQL文を解説します。

CREATE TABLE文:基本構文

データベースにテーブルを作成したい場合は、CREATE TABLE文を使います。

CREATE TABLE文の基本構文は下記の通りです。

CREATE TABLE [テーブル名]
(
 [列名1] [データ型] [この列の制約],
 [列名2] [データ型] [この列の制約],
 [列名3] [データ型] [この列の制約],
 [列名4] [データ型] [この列の制約]
           ・
           ・
           ・
 [このテーブルの制約1], [このテーブルの制約2], ・・・
);

テーブル名、データ型、制約を入力します。

テーブル、列の名前の最初は必ず半角のアルファベットでないといけません。名前に使って良い文字は、下記の3種類です。

  • 半角アルファベット
  • 半角数字
  • アンダーバー(_)

同じ名前のテーブルや列を2つ以上作ろうとするとエラーを返します。

名前は重複しないように気をつけましょう。

テーブルの作成

下記でテーブル名がcar_model(車種)のテーブルを作成します。

CREATE TABLE car_model
(
 car_id INTEGER NOT NULL,
 car_name VARCHAR(255) NOT NULL,
 price INTEGER ,
 color VARCHAR(255) ,
 created_at DATE ,
 updated_at DATE ,
 PRIMARY KEY (car_id)
);

ALTER TABLE文:基本構文

テーブルを作ってから列を追加したい、削除したい場合はALTER TABLE文を使います。

ALTER TABLE文の基本構文は下記の通りです。

ALTER TABLE [テーブル名] [変更の定義] [列の定義];

テーブルの変更:列を追加する

ALTER TABLE文でテーブルに列を追加したい場合は、ADD COLUMNで列を追加します。

下記でcar_modelテーブルにpriceの列を追加します。

ALTER TABLE car_model ADD COLUMN price;

テーブルの変更:列を削除する

ALTER TABLE文でテーブルに列を削除したい場合は、DROP COLUMNで列を削除します。

下記でcar_modelテーブルのpriceの列を削除します。

ALTER TABLE car_model DROP COLUMN price;

DROP TABLE文:基本構文

対象のテーブルを削除したい場合は、DROP TABLE文を使います。

DROP TABLE文の基本構文は下記の通りです。

DROP TABLE [テーブル名];

テーブルの削除

下記でテーブル名がcar_model(車種)のテーブルを削除します。

DROP TABLE car_model;

まとめ|データベースの作成からテーブルの作成、変更、削除

以上がテーブルの作成・変更・削除のSQL文の解説でした。

基本的なSQL文なのでしっかり覚えておきましょう!