また次回作が気になって仕方ない!スパイダーマン:ファー・フロム・ホームの感想【少しネタバレ注意】

6月28日(金)より世界最速公開のスパイダーマン:ファー・フロム・ホームを観てきました。

アベンジャーズ/エンドゲームのその後の物語ということで気になって仕方なく、急遽当日の夜にイオンシネマに向かいました。w

結論をいうと、

面白すぎるので絶対に見るべき!!

特にアベンジャーズ/エンドゲームを観た方は絶対に見るべきです。

逆にエンドゲームをまだ観てないっていう方は先にエンドゲームを観てからの方がより楽しめます。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホームのあらすじ

アベンジャーズ/エンドゲームで師であるでアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)が亡くなってしまいました。

アイアンマンの死が今でも辛いのと同時に、世間ではアイアンマンの後継者はスパイダーマンだと言われていてそのことにプレッシャーを感じています。

スパイダーマンであるピーター・パーカー(トム・ホランド)は仲間と共にヨーロッパへ旅行に行くのですが、その旅行中に思いを寄せているMJ(ゼンデイヤ)に告白しようと計画を立てています。

しかし、新たな敵エレメンタルズが現れ、旅行中のピーター達を巻き込んでいきます。

新たなヒーロー ミステリオ

作中ではニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)に指示を受け、新たなヒーローのミステリオ(ジェイク・ギレンホール)と協力してエレメンタルズと戦います。

このミステリオ、原作を知らない+映画の予告を観た感じからいうと新ヒーローで味方だと思っていましたが、なんとこいつがエレメンタルズを映像技術で創り出していて周りに自分をヒーローだと思い込ませるための自作自演だったのです。

自分もまんまと騙されました。

MJへ片思いをするピーター

前の作品のスパイダーマン:ホームカミングにもMJは出てきていましたがその時と今回とでは少し印象が変わりました。

前はただの同級生でピーターも思いを寄せているような感じではなかったですが、今作は気になって仕方なく、旅行中にアプローチをしようと頑張る姿が青春です。

印象が変わったと言ってもキャラ自身は同じでナチュラルにヒロイン枠になったような風に感じました。

新しいスーツをピーターがカスタマイズ

終盤の最終決戦前にジェット機内のスパイダースーツを作る装置で新しいスーツを作成する場面があり、ピーターが自分でスーツのチューニングをします。

そんな場面を見ていたハッピー・ホーガン( ジョン・ファヴロー)が何かを思い出すような表情で見守っていました。

まるで過去にトニーがスーツを開発していた場面と重ねるように…。

この場面を見てアイアンマンであるトニーがいなくなってしまった寂しさと懐かしさ、その後継者にピーターが相応しく受け継いでいるなと感じました。

衝撃のエンドクレジット後の映像

短いエンドクレジット後と長いエンドクレジット後に映像が流れます。

一応本編上映前にもクレジット後に映像があるとの注意書きが出ます。

しかも結構重要で衝撃の内容の映像です。

まさかエンドクレジットの後に2つも映像があるとも思わなく2つ目の方は見逃してしまいました。w

自分のようにならないためにちゃんとエンドクレジット後を最後まで見るように気をつけましょう。

次回作が気になる

衝撃のエンドクレジットではやくも次回作が気になってしまします。

毎回毎回、こんなに次回作が気になるぐらい面白い作品を創るMARVEL素晴らしいです。

おーむ
おーむ

日本よ、これが映画だ。

今作だけでももちろん楽しめますが余裕のある方は、『アベンジャーズ/ インフィニティ・ウォー』→『アベンジャーズ/エンドゲーム』→『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の順番で観るとさらに楽しめますのでおすすめします。