ブログやSNSに使える手書き自作アイコンの作り方

SCAN STAMPのタイトル Web

自分だけのオリジナルアイコン画像作ってみたいと思ったことはありませんか?

ブログやTwitter、Lineなど色々なところでアイコン画像を設定する場面があると思います。

「自分だけのアイコンが欲しい・・・。」そう思う人も少なくないはず。

そこで今回はブログやSNSに華やかさをプラスするためにスマホアプリとPCを使った自作オリジナルアイコンの作り方を紹介します。

必要なもの

  • ペン(太め)
  • PC
  • スマートフォン(iPhone or Android)

紙とペンでアイコンにしたい絵を書く

手書きで絵を描いていきます。

絵描くのが得意でない人は少し苦労します。(苦労しました。w)

多少のミスは後から修正出来るので気にしなくていいです。

ペンは太めのものでしっかりと描くようにしてください。
細いと後の工程で描いた線が消えてしまうことがあるので修正が面倒です。

座りおーむの下書き

出来ました。このブログのアイコンになっているおーむの座りverです。

Scan Stampで書いた絵を読み取る

スマホアプリのScan Stampダウンロードします。

ScanStamp - 手描きスタンプ
ScanStamp – 手描きスタンプ
開発元:NORIHIKO HAYASAKA
無料
posted withアプリーチ

SCAN STAMPのアプリ画面TOP

まず最初に設定をします。

「設定」→「各種設定」→「画像ローカル保存」

画像ローカル保存をオンにします。

これをしないとスマホに保存された絵の線が赤色になってしまう為必ず設定してください。

次にスタンプ新規作成をタップしてカメラで先ほど描いた絵を撮影します。

座りおーむ制作中の画像その1

最初は絵に黒くなっている箇所がありますが、下のバーを左にずらしていくと・・・。

座りおーむ制作中の画像その2

黒い部分がほとんどなくなりました。

バーを左にずらし過ぎると絵の線まで消えてしまうことがあるのでお好みの位置で合わせてください。

合わせれたら右上の決定で保存します。

スマホからPCへ画像を移動する

Scan Stampで作った画像をPCへ送ります。

Scan Stampからスマホに保存した画像は背景が透過したPNG画像です。

メールやLINEで送ると背景が透過していないJPEG画像へ変換されてしまいます。

背景が透明で透過しているアイコン画像が欲しいっていう人は、USBでスマホとPCを接続して画像を移動させてください。

おーむ
おーむ

アイコン画像なら背景は透過している方がおすすめ!

仕上げ

Windows10から標準で入っている「3Dペイント」を使って仕上げていきます。

3Dじゃない方の普通の「ペイント」だと保存したときにJPEG画像に変換されてしまい、背景の透過がなくなってしまうので注意です。

PCに入ってないよって方はMicrosoft Storeより無料でダウンロード出来ます。

座りおーむ制作中の画像その3

残っている黒い部分や手書きのときのミスなど細かな修正をして、色を塗って仕上げていきます。

細かな修正はピクセル ペンが使いやすいです。

座りおーむ制作中の画像その4

色を塗ると一気にイメージが変わりますね。

この色塗っていくとき、急に達成感を感じます。

完成です。

座っているおーむ

MacのPCをお使いの方は?

MacのPCをお使いの方はフリーペイントツールのFireAlpaca[ファイア アルパカ]がおすすめです。

ファイア アルパカでおーむアイコン

シンプルだけど機能豊富で初心者の方から上級者の方まで幅広くお使い頂けます。

ぶっちゃけ、ファイア アルパカの方が出来ることが圧倒的に多く優秀なのでおすすめです。

WindowsとMac両対応です。

自分だけのアイコン画像を作ろう

自分でアイコン作るなんて難しそうで特別な技術がないと無理だと思っていましたが、紙とペンを用意して絵さえ描ければ誰でも作れます。

良い意味でアナログなアイコンの作り方です。

手間はかかりますが、自分で一から作ったアイコンだとすごく愛着湧きます。

ぜひ自分だけのオリジナルアイコンを作ってみてください。

また、どうしても自分で作るのが難しいという人はアイコン・イラスト製作のスキルのある人に依頼するという方法もあります。

おーむ
おーむ

クオリティーの高い自分だけのアイコンが欲しいなら、

「ココナラ」で依頼するのも良いね!


「ココナラ」でアイコン作成を依頼する方はこちら