GitHubにソースコードをアップロードするまでの手順

GitHub プログラミング
出典:GitHubロゴと使用法

ローカルリポジトリの作成からローカル環境で作成したファイルをステージリング、commit(コミット)、そしてリモートリポジトリへpush(プッシュ)までの手順を紹介します。

Gitのインストールと設定がまだの方はこちらからどうぞ。

ローカルリポジトリを作成

ターミナルを開きます。

以下のコマンドでディレクトリを作成します。

$ mkdir 適当なディレクトリ名

作成したディレクトリに移動します。

$ cd 作成したディレクトリ名

git initで現在のディレクトリをローカルリポジトリに設定します。

$ git init

ローカルリポジトリ作成完了です。

また以下のコマンドで一括で行うことも出来ます。

$ git init 作成するディレクトリ名

ステージング

アップロードしたいファイルをローカルリポジトリに配置します。

git addでファイルをステージングに登録します。

$ git add アップロードするファイル名

ちなみにディレクトリ内の全てのファイルをステージングしたい場合は以下のように「–all」と入力します。

$ git add --all

登録されたかgit statusで確認します。

$ git status

緑色でnew file:ファイル名 で表示されていればOKです。

コミット

git addでステージリングしたファイルをコミットしていきます。

git commitの後に-mでgitのログにコメントを残すことが出来ます。

$ git commit -m"コメント"

コミット完了です。

ログを確認’します。

$ git log

ユーザー名とメールアドレス、コミット時のコメントが表示されます。

リモートリポジトリの作成

GitHubのアカウントにログインします。

自分のプロフィール画面→Repositories→Newの順番でクリックしていきます。

githubリポジトリ作成画面

Repository nameにリポジトリ名を入力、Publicにチェックが入っている事を確認してCreate repositoryでリポジトリを作成します。

プッシュ

プッシュの前の準備としてアップロードするリポジトリのURLを以下のコマンドで定義します。

$ git remote add origin 作成したリポジトリのURL

プッシュします。

$ git push origin master

プッシュの確認としてGitHubのアカウント名、パスワードを求められるので入力します。

これでプッシュ完了です。