MT車(マニュアル車)は慣れると『楽しいAT車』になる件【MT一択】

ドライブしている男性
出典:Jaguar MENA

おーむです。

今や絶滅危惧種であるMT車(マニュアル車)。

若者のほとんどがAT限定免許だと言われています。

でも中には、「MT車に乗りたい!」という方もいると思います。

MT車に慣れていない人がいざ運転となると色々と不安が思い浮かぶはず…。

MT車に乗りたいけど運転できるか心配。

エンストしたらどうしよう。

坂道発進や渋滞は大丈夫かな…?

MT素人の状態から某スポーツカーのMT車に乗り出して数年が経つ自分が、MT車に乗りたい人が思う不安について答えます。

MT車に乗るべき人

  • 車好き
  • 運転が好き
  • スポーツカーが好き
  • 「MT車に乗りたい」と興味がある
  • AT車かMT車で迷っている

上記に当てはまる方はMT車をおすすめします。

楽しいカーライフがあなたを待っています。

MT車に乗る上での心配事

MT車で不安な事といえば坂道発進、エンストが真っ先に思い浮かびますが心配いりません。

割とすぐに慣れます。

そして、楽しいAT車になります。

エンストもしなくなりますし、坂道発進も無意識で発進することが出来るようになります。

「MT車は渋滞がだるい」

そんな意見もたまに聞きますがMT車だから特別何かがだるいと自分は感じた事はありません。

強化クラッチにカスタムされたMT車だとだるいかもしれませんが普通のクラッチのMT車なら大丈夫です。

慣れるまでの最初の数日は大変

いくら慣れるといっても最初の数日は少し大変です。

練習が必要です。

MT初心者の人が一番苦労する事は、静止状態からの発進です。

逆に発進さえ出来るようになればもう怖いものはないです。

あとは乗る回数が増えれば増えるほど上達していくと思います。

自分の成長を肌で感じることができます。

最初は少し大変ですが、ある意味これはこれで楽しい時期なのかもしれません。

おーむ
おーむ

何か感覚が分かったある日を境に一気に上達しました。

MT車の魅力

MT車の最大の魅力は、なんといっても楽しい!

AT車では味わえない楽しさがMT車にはあります。

AT車はアクセルとブレーキ操作しか出来ませんがMT車はクラッチ操作もあります。

ギアチェンジで加速、減速と自分のメリハリのある運転を楽しむことが出来ます。

また、ブリッピングでシフトダウンすることによりマフラーの心地良い音色を楽しむことも出来ます。

車を自分でダイレクトに操る感覚はMT車ならではのメリットです。

MT車は乗れば乗るほどテクニック、技術が上達していくので楽しさが増していきます。

スポーツカーはMT車を選ぶべき

フェアレディZ

スポーツカーといえばMT車というイメージですが実はAT車も設定されている車種もあります。

しかし、スポーツカーを乗るならばAT車はおすすめしません。

「AT車の免許しかない」という方でも本当に楽しみたいならAT限定解除してでもMT車に乗るべきです。

スポーツカーはMT車であってこそ本領が発揮され、本当の楽しさを味わう事が出来ます。

AT車にして後悔はする可能性がありますが、MT車にして後悔する事はありません。

脱MT初心者

MT初心者は最初の数日は色々と試行錯誤で少し苦労します。

特に発進がMT初心者にとって一番の壁です。

その最初の壁を素早く乗り越えられるようにアドバイスをします

半クラだけで発進できるようにする

最初は半クラの位置、感覚を体で覚えるために半クラだけで発進の練習をしましょう。

最初の頃は半クラの位置と感覚がわからないので今クラッチが繋がっているのか繋がっていないのか分からないのでその境目が分かるようなるまで練習です。

クラッチが繋がる感覚が分かるようになると発進もスムーズに行えるようになります。

アクセルの踏み込み量を体で覚える

MT初心者の頃は発進時に「ブォーン」とふかしすぎてしまいがちだと思います。

発進時は坂道発進など状況によっては多少変わりますが、平坦な道だと回転数は2000回転ぐらいが最適です。

ちょうど良いぐらいの踏み加減になるように感覚を覚えましょう。

運転を楽しむMT車のテクニック

MT車の運転が慣れてきた人向けにワンランク上のMT車を楽しむためのテクニックを紹介します。

ブリッピング

シフトダウンの際にアクセルを煽って回転数を上げることをいいます。

シフトダウンの際は半クラッチで回転数を合わせるというのが一般的に知られていると思いますが変速ショックが生じたり、時間がかかる上にクラッチが摩耗する可能性があります。

そこでブリッピングでアクセルを煽り、回転数上げて適切な回転数に合わせることでスムーズなシフトダウンを行うことができます。

このテクニックを習得するだけでもMT車の運転がさらに楽しくなります。

また、『ブリッピング + 社外マフラー = トンネル好き』になれます。w

トンネル内に響くマフラー音が気持ちいいです。

ヒール&トゥー

上記のブリッピングとブレーキを同時にすることをいいます。

操作の流れは以下の通りです。

『ブレーキを踏む→クラッチをきる→ブレーキを踏みつつ踵でアクセルを踏みブリッピング→クラッチを繋ぐ』

ブレーキ踏みつつ踵でアクセルを踏むというのがなかなか難しいと思います。

練習必須です。

このヒール&トゥーができるようになるとカーブを曲がる際などに減速とシフトダウンを同時に行えるのでスムーズに曲がることができ、その後も素早く加速することができます。

街乗りでは滅多に使う機会はありませんが、サーキットなどで走る際は必須と言えるでしょう。

まとめ MT車に乗ろう!

  • 慣れて楽しいAT車になる
  • スポーツカーに乗るならAT限定解除してでも乗るべき
  • ATかMTで迷ってるならMTにするべき

MT慣れしていない状態だと不安に思うことが多いと思いますが、実際に乗ってみると最初は少し苦労しますがその不安はすぐに消えると思います。

興味がある方はぜひMT車に乗って楽しいカーライフを送りましょう!