PHP 変数/関数/クラスの命名規則【○○ケース記法】

ケース記法 プログラミング

PHPの変数/関数/クラスの命名規則、記法の種類である〇〇ケースについて解説します。

変数の命名規則

変数の名前は比較的自由に決めることができますが、だからといって何でも良いというわけではありません。

いくつか守らなければいけない規則があります。

  1. 「$」から始まる形式であること
  2. 名前の先頭は、英字もしくはアンダースコア(_)であること
  3. 名前の2文字目以降は、英字か数字かアンダースコアであること

変数名の大文字と小文字は区別されるので注意です。

例:$hogeと$HOGEは異なる。

識別子

変数や定数、関数などに付けられた名前のことを総称して識別子と言います。

識別子の命名規則は上記の「変数の命名規則」の2,3、大文字と小文字の区別と共通です。

記法一覧

変数名などは決められた記法で統一するようにしましょう。

記法にはいくつが種類があり、それぞれに適した記法があります。

代表的な記法は下記のとおりです。

キャメルケース記法(ローワーキャメルケース)

俗に「キャメルケース」と呼ばれます。

先頭文字は小文字でその後の単語の区切りを大文字で表記します。

例 $userName

変数や関数の名前に使用する記法です。

パスカル記法(アッパーキャメルケース)

「パスカルケース」とも言います。

先頭文字も含めて、すべての単語の区切りを大文字で表記します。

例 $UserName

クラスやインターフェイスの名前に使用する記法です。

アンダースコア記法(スネークケース)

_(アンダースコア)が地を這う蛇のように見えることから、俗に「スネークケース」と呼ばれます。

すべての文字を小文字で、単語の区切りをアンダースコア(_)で表記します。

例 $user_name

キャメルケースと同じく変数や関数の名前に使用する記法です。

まとめ

  • キャメルケース
  • パスカルケース
  • スネークケース

上記の3つは代表的な記法でよく使うので大切なポイントです。

これらの規則を守り、記法を利用して読みやすいコードを書くように心がけましょう。